いやなおんな ブログ 入間人間(+関連物) 忍者ブログ
ブログです。
http://donttyagawa05.hatenablog.com/entry/2017/01/09/132903

こちらの(鍵付ですが)記事を読んで、「あー」と思ったことがあったのでちょっと書いときます。


1.まず、ちょっと責任感じちゃう部分があって。

それは『入間作品』というのがひとつの群像劇ということもあって、こう、『全部は知らない』人の語りに対して、あんまりいい感じの対応をしてこなかったんですよねぼく。網羅せず済まないマニア気質のファンの一人として。
まあ、その原因のひとつっていうのが動画削除の記事にも書いたような、『なんか知らんけど知ったかぶってくる人たち』にぶつかってしまうことが多かったことなので、全部自分の性格のせいにするわけじゃないんだけど。

ただ、それでも『一部しか知らんのなら全部読んでるのとまた違うでしょう』みたいな気持ちが否めなくて、そこは責任感じちゃうなーと。
そういうのは、本来『一部でいい』。肯定されることなんだよね、っていう確認をしたい。した。

まあ『わたし個人としては』やっぱり、花咲シリーズ読んでエリオット君好きになった子が「エリオットさんのビジュアルわからないからググったらこれ出てきた~」って言ってアニメ版電春に出た幼少期の金太郎みたいな髪型で成人男性を思い描くような、そういう頭の使わなさはほんと嫌いで。
「成人してまであの髪型でいるかどうかについて思慮を巡らせもせず、原作電春に出番があるかどうか確認することもしないの? どっちかできないの? まったく怠惰ね! バッドルーザー」って思っちゃう。だからまあ、そういうのはあるんですけどね。
ただそれって頭使おうとしないって行為が嫌いなだけだよねーって。知らんのが嫌なんではなく。

だからまあ悪口挟んでわかりにくくなったけど「知らないんが悪いんじゃないよー」っていうのは言いたい。「わたしみたいなのすら『知らんのがだめ』とは言いたくないよー」と。
まあ所詮は片手羽いえななので、イラッとするケースやタイミングはあるにしても。


2.あと、実際電春は大衆受け狙ってたとこはあると思ってるですわたしは。

わたしミキミキ(元編集長さん)が大嫌いなんですけども、なんでこんなにはっきりミキミキを嫌いでいられるかっていうと、奴が不用意に露出しまくったからなんですよ。
あの人うぇぶらじとか出まくってましたからね。
だから、電春読んでて「アレ? あんま馴染んでなくね、この萌え描写」って思った『萌え』を、うぇぶらじでミキミキが「こういうのがいいと思うんですよ~」とか言ってると、もう、このホラーマンほんとにホネにしてやろうかって思えた。
電春2巻の女々ちゃんのしわ消すように指示したのもね、はっきり言ってたからね。いえにゃんほんとこの人嫌いなのよ。
最初に出会った女々ちゃんは良くも悪くも自分の母親を連想して苦い気持ちになるくらいには普通の母親だったもの。ちょっとデフォルメ利いててお茶目だっただけ。

いえなはテコ入れ全部は反対じゃないし、青春的なものを書くっていう意味での電春は新しい方向って受け取れたんだけども、そういうの聞いていていやもうまったく『ミキミキが作りたい入間人間』と『わたしが欲しい入間人間』が違っていて。
だからまあ、全部読んでる派のマニア指向派ですが、電春はいえなも手放しで好きにはなれんです。で、やっぱりみーまーの一巻と電春じゃ電春のが狙ってると思うです。

こういう言い方するとまた入間さん、もしこの記事踏むようなドジ踏んだら更に何かが捻くれやがりそうでめんどくさいんだけど。まあどうせ読まないだろうから言うけれど、

ぶっちゃけ、入間さん、みーまー一巻のときはそれほど上手く取り繕う腕はなかったと思う。


3.そんで久々に思ったけどやっぱり入間人間は殴りたいし、ファンやめるもんって言ったわたしはともかくファンは殴っていいと思う。

わたしはみーまーに関しては、バカ全裸やいもーとらいふでいう『商業的な事情で納得いかないまま評価された作品』ではないと思っています。
多少、あるいは多々はあったでしょうけど、それが全てではないと思っています。

少なくとも『商業的な事情で納得行かないまま評価された』から気に入らないってんじゃないと思う。本人が下手すぎて恥ずかしいといったようなことを繰り返し(?)言ってるけど、あれは、ほんとだと思う。

でもそんな理由で否定されたらファンたまったもんじゃないでしょう。

残念ながら努力なんてしたからって報われるもんでもないのよ。
努力で変化できるとも限らないし、変化は必ずしも正しいとは限らない。
有事に備えて鍛えた筋肉のせいで有事の際に瓦礫の隙間を通れずそのまま死ぬかもしれない。
それはただの事実だわ。何かを脅かしてなんとかなるもんでもない。ましてや、昔書いたものを好きだと言ってくれる人たちを脅かして何か得れるような甘いもんでもない。

あの人は『変わった自分』を肯定したいのかもしれないけれど、どうしても肯定したいけどしきれなくて苦しいから過去の自分をやたらめったら否定するんじゃないかしら。
(『過去の自分が恥ずかしい期』っていうのが人間にはあるから、それもあるだろうけど)

もしこれが正鵠を得てしまっていたら可哀想だから本人に直接ハッキリ(メールや手紙で)言ったことはないはずだけど、彼は変化が正しかった自信がないから、変わる前の自分に怯えているんだと思う。

成長したつもりだったんだろう。でも結果が出なくて、今の方が上手いはずなのに過去の方が評価されて。
でも、仕方ない。

魅力なんて種類でしかないもの。今の魅力に理解が得れなかったって仕方なくない?
逆に過去の魅力にばかり理解が得られてもしかたないよ。「下手だった」? それが当時の魅力だったかもしれないし、下手だったけど当時にしかない魅力があったのかもしれないじゃない。

正直小説の上手い下手なんてセックスの上手い下手と変わらないって。
早漏を恥じてた彼氏が克服してきて嬉しそうなのはいいものの実は長々セックスするのは好きじゃない彼女とか、多分珍しくもない。

つまりあれだよ、そういう現実逃避で好きでいてくれる人悩ませるとかこの人何様なんだろうって思っただけだよ寝不足で段々何言ってるかわかんなくなってきたけど。

……一旦投稿するね。直しはまたやるわ。

拍手[0回]

PR
11/19追記分この色
いもーとらいふ〈下〉がクソムシだったのでいるまさん追いかけるのやめます。(一応感想)
こんなことを言っておいて、発売日に買ってきました。
すぐ読みました。

SOUP 弾き語り ← 感想ですと言い張ります。

一応ことばにもすると、

すっごくよかった!

……って、言いたかったです。
不純かもしれないけれどそういう風に、一刻も早く読んで思って本心で、よかったとこのこと言いたくて、珍しくお昼前から動いて。

文章は、やっぱりすごく、よかったです。繊細なもの思い。

傷つけても恨まないでって、少女漫画の台詞だけど、しまむらも言っていたっけ? というのは、きっとわたしの見落とし……だよね?として。
ぜんっぜん見落としじゃなかった。呟いてただけで全然前置きしてなかった。
永藤は魚が嫌いだから誘っても来ないって、五回目って、日野は嬉しそうに言っていたのに。
良香ちゃん(しまむら母)が昼飯復活って言って、二年生になったふたりにおべんと持たせてくれたのに。

そういうの、抜けおちていたら、ぐずぐず気持ちがほつれて、もう、つらい。

つらいです。
揚げ足取りって言う人もいるかもしれないけどそれにはこう言い返せます。
「かかと落としです。めちゃくちゃ痛いです」

「今までだって」と言われたら、わたしも反論はできないです。
魚が嫌いだから断られました! がなかったことになるようなそういうミスはしょっちゅうだったから。

今までだって続刊が出てなかった時点で既に安達としまむらの出会いが二種類あったり(これほんとおかしいよねぇ)、(あとカラオケの機械覚えてないなら取材行ってこいやとか)、
無印では動物園にも行ったことがなかった安達が3巻では、動物園でぬいぐるみをねだれなかったことを今の要因に挙げていたり。

だから、多分、もっと別の要因、たとえばいもーとらいふ〈下〉がクソだったとかいもーとらいふ〈下〉がいもーとらいふ〈下〉として出版されるまでの顛末がクソだったとかがあるとは思う。

んですが、でも、良香ちゃんがふたりにお弁当つくってくれたときは、わたし、すごくわくわくしたんですよ。
うれしかったんです。
わたしにとってはかなり大きなことでした。だから、かかと落としなのです。

あと少女漫画の台詞の件なんですが…………こんな箇所までミスっていると流石にしんぱいになってきました。
今までは地の文や会話の流れでつるーっと書いた部分を忘れて別の設定書いちゃってたとかじゃないですか。どんなにクソな間違いでも。
今回は完全に書いてないことを書いたと思い込んでしまっている。流石に心配になってきました。

ちなみに「傷つけてもうらまないで」のチェックは全巻読み返すのは無理だったというのもあって、2~6巻を電子書籍で買い直して検索(『傷つけて』とかで)したのでほぼ間違いないです。


これまでの感想一覧一応、毎回貼っていた?はずなので貼っておきますね。

・安達としまむら 感想いえーい!
・安達としまむら 2 感想っぽい杏仁豆腐
・安達としまむら3 + 電マガVol.39のおともだちロボ チョコ 第二話 走り書き感想
・安達としまむら4 感想
・安達としまむら5 感想  音読付き
安達としまむら6 感想 とか色々





なんでこんな人好きだったんだろうなぁって、わたしが進路を選んで大学の先輩にした人を見上げるみたいに、思う。

とても背の高い人で、すごい猫背で、いつのサイン会で見ても浴衣着崩れてて、肌が無駄に白くて、手がすべすべでやわらかくて、急に好きって言っても淡々と流す人で、ちょっと抜けてて、とか、それ以前に。滲み出るもの含めて書くものがとてもすてきで、好きになったんだけどなぁ。
色々混同してしまってはいたけれど、ファンでもあったよ。前は。あったんだけどなぁ。

今はもう、悪いところしか浮かんでこなくて。それでもまだ『好き』は残っているけれど、こんなんファンとはいえないなって。

いもーとらいふでしょっく受けていたときにうたったやつですが、もう一度貼っておきたいので貼っておきますね。
ハチスは夏に背を向けて を歌いました。

拍手[0回]

期待を見事に裏切られた。
 
〈上〉の感想はこちら。
いもーとらいふ〈上〉 感想
……このときは傑作の予感しかしないって思っていたのに。

第一、何ですか30の次が87って。
『一生』どこ行った。

ここまで日和った人にいえなはついていけないです。日和見するならせめて最初からして、わたしたちに見抜かせないで。今回は白状が先立ったけどそうでなくてもこれじゃ、わかってしまったわ。

わたしは元編集者が考えた大衆に嫌われにくいライトノベルが読みたかったわけじゃない(どちらかというと死ねって思う)。
入間人間の、鮮烈で面白い小説が、何よりわたしは〈上〉の続きが読みたかったのよこのクソドヘタレ。

上の時点でラブコメと称されていたから少しいやな感じはしていたわ。
でもこの短期間でわざわざ狼呼んでくるなんて、最近の狼少年はわたしやちーちゃん(岩虎)より常識がないわ……(ドン引き)。ていうか『一生』って書いてたやん編集部側。

では続きからネタバレもたぶん込みで色々書きます。

拍手[0回]

電撃文庫MAGAZINE連載の入間小説『お隣さん交流記』(上・中・下の三回)の感想記事を、珍しくわたし、一回も書いてないのですが、理由があります。二つほど。

一つ目は、上が掲載されたとき入間の間の入間の一問一答にファンメールが何故か全文掲載されて(全文が質問だったわけではない。というか疑問形はあるけど質問してるかどうかすら微妙)恥ずかしいやら何やらで雲隠れに忙しくてそれどころではなかったこと。
なので無論同じ号に掲載されたN高の短編の感想記事も特に書いてにゃーです。Twitterアカウント消してたしブログ記事全非表示してたからな!

閑話休題。
もう一つは、ちーちゃん(岩虎)とわたし・片手羽いえなは共鳴(シンパシー)モンスターのわたしを以てしても嫌気が差す程似ているというか、ある意味「これあたしじゃん(うへえ)」なこと。
いや、勿論結構他人。似ても似つかない部分も多い。
でも似ていてほしくないところは同じようだし、何よりなんだか心の核になっているものが同じ気がして、一寸流石に、嫌。
きーくんとのことも、考え方も、さっちゃんとのことも……。

わたしは自分のことを包み隠したがる性分ではないのだけど、寧ろだだ漏れテイストなのだけど、でも似ていると思った部分を敢えてここで改めて連ねる気にはなれない。
めんどいし、自分から見やすいようにするのはこう……パンモロの放置はできてもスカートたくし上げには抵抗あったりするようなニュアンスでだな、(略)

入間作品だと、綾乃ちゃんとみぃちゃんを勝手に義理の双子って扱ってて、そういう勢いでちーちゃんをわたしのそれだとついったで呟いてしまったことがあるけど、それではないですね。
岩虎は鏡の向こうのわたしとか、ドッペルゲンガーさんとか、そういう風に感じでしまう。

ちーちゃん(岩虎)の物語は好ましいと思えるけど、あいつ自身のことは、好きにも嫌いにもなれない。

もし「お前がモデルだよ」と言われたら「ですよねー」としか言えないし、
逆に「お前がモデルなわけねぇだろ自意識過剰乙」って言われたら「ここまで共通してたらしゃーねーだろ」としか言えない。


岩虎とわたしの関係をこう書いておいて言うと矛盾に思う人も居るかもしれないんだけど……
ちーちゃん(岩虎)と桃(比内さん)を6:4か7:3くらいで足して割るとわたしみたいな感じになりますたぶん。

わたしは、嫌だけど(遺憾だけど)喜助割とタイプだし、さっちゃんみたいな扱いがめんどい年下女子好きになりそうだし、きとりんみたいな子結構嫌いだ。


10/19追記:よくよく考えたら中編のときも新たな続き物『代走王』の出現で荒れていたので、それも理由でした(((;°▽°))
(ていうか代走王の続k略)
 でももう一度荒れたからといってもう一度流して後編では完全に書く気なかったのは上記が理由です。

拍手[0回]

傑作の予感しかしねえ!!

これオカタイ表紙と装丁と売り方と版元で出してたら「気持ち悪い」「こんなの出していいの?」という理由で文学賞取れそう(作者が女なら尚取れそう)だと言い続けていましたがフライさんの絵が良過ぎてやっぱりこっちでいいですってなる。

感受性豊かなやわらかメンタル野郎は胃薬と一緒に買おうね! おねーさんとの約束だぞ☆

ちなみに公式サイトなどで『ラブコメ』推しされてますが別にラブコメじゃないです
こう、もうちょっと釣るにしてももっとこう、嘘つくんじゃなくてもっとこう、雰囲気で騙せませんか公式さん。ネット見る感じ一応伝わってるみたい(?)だしべつにいいけどさ。

とりあえずネタバレ全開で行きましょうか。他作品への言及もしますがわからなければ気にしないでください!
続きからどうぞ☆

拍手[2回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
案内


途中までサイトの1コーナー扱いでしたが途中でブログ独立宣言。2011年1月9日、カウンターつけてみました。


いやなおんな(index)関係の更新履歴でもあるが、感想とかのブログでもある(たぶん)し他にも気が向けば書く。二次創作なカプ厨。

実情ほぼ入間人間のファンブログみたいな感じでしたが、とある事情により離れていく予定。(過去作品は別腹かもしれない)

分家(閉鎖):手紙の墓場この記事参照


くりえいたーさんや実在しない人に、『自分だけしっくり来ればいい』精神であだ名をつけることが多い。直接関わらないと逆に気安い呼び方の方が距離が遠く感じるような、作品越しとかだと近しく感じるような、そんな感じ。
しかしわかりづらいあだ名が多い(ひどい)。

ブログ内検索
フリーエリア

誤字脱字はしれっとしてたい。


Twitterには色々書くがブログには腰が重いです。

最新コメント
[01/30 Jane Na Doe(片手羽)]
[12/30 Jane Na Doe(片手羽)]
[06/19 愛]
プロフィール
HN:
Jane Na Doe(片手羽)
HP:
性別:
女性
自己紹介:
片手羽の下の名前はいえなです。Twitterまとめ記事等ではしょっちゅう出ていましたが、
こちらやサイトで補足するのを忘れていました(~2011年9月19日迄)。
アーカイブ
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]