いやなおんな ブログ 入間人間(+関連物) 忍者ブログ
ブログです。
これまでの感想
    

今までの感想記事読み返して「こいつ感想書く気ねえな」って思った。

ともかく読メの感想はこちら
3巻のとき絵柄の過渡期特有の崩れ方してるなーとは思ったけどここまで絵柄大変身するとは思ってなくてびっくりした。とりあえず、有機栽培的なサムシングだったことは確かな内容。永藤は本当に素直な子で、日野は理解者で、ある種の理想だよなこれ、って感じだ。たるちゃん-しまむーら-あだっちーラインのこの関係の感じ、小学校の時に覚えがある……。しまむーちゃん、思ったより許容が広いというか、執着ないなりに安達のことが大好きなんだなぁって思った。あたたかい。安達も樽見も不安定ながら、進むが故に安定してきて、読みやすくなった。
別作品関連話:あだっちゃん見てると「レンコンオバケが女子高生」という言葉が浮かぶ。
別作品関連話:みーまーCD冊子の占い師(駅前)ちゃんがエキシャーマンとか言ってたのは笑った。出で立ちが占い師らしくなってたけど、変わったところと変わってないところがそれぞれあって、なんだか嬉しかったぞ。

いやー、イラストはわたしがいい感じーって思う落ち着き方をしてくれましたのでわたしとしてはおおむね満足です。
ただ、永藤はもっと目に見えてキリっとした顔に描いてくれたらもっと嬉しかったにゃーって。


そして続きからー! いつも通り入間人間作品全般について言及が混ざります

全体的に読み終えたのが数日前なんであれですが。
徳島にメロブないので栞ゲットのためには妹から郵送してもらう必要があって、どっちにしろ発売日とかには読めなかったんよね。

あ、そうそう6月から名古屋に戻りますー。


拍手[1回]

PR
今回も加筆修正は結構あるみたい(例によってオタクと形而上学辺りを参照。……くっ、まともだ……あとコンテンツ云々の考察面白い)ですが、僕の小規模な奇跡のときみたいな違和感はそこまでなかったです。

でも細部の違いはその人となりの違いに繋がりやすいので、やっぱり単行本の方が彼らしく、また彼らしいとは思いますね。でもまあ別に別人感はない。ちょっと言葉が変わった程度。

僕の小規模な奇跡の場合わたしが彼大好き過ぎたのかもしれないのだけどさ、でもなー彼の場合はちょっとなー……毛質が変わってしまった感じさえしたからなー。今回は加筆修正上手になってるなーって。

閑話休題。
あと口絵のイラストがパパさんでした! 卒塔婆bocchies、なかなかすき。
入間父の口絵イラストは僕の小規模な奇跡もそうでしたねぇ。冒頭近くの加筆修正が目立つところも含めて扱いやらが似ています。そういう意味では上位互換かと(彼のことを根に持っている)。

では一応続きからネタバレ諸々全部アリで!

拍手[1回]

特に伏せるような部分もない気がするので記事は畳まず、『続きから』はなしで行きます。

・おともだちロボ チョコ

わたしはどう反応したらいいんだ。


読メに書いた感想はこちら
全然読み進まれなかった。やっと読み終わった。考察とかする気にもならん。入間成分の摂取は多少できる、けど、わたしは面白いと思わないなぁって。ロボのスケール感すら掴めない。どれぐらいの大きさだった? ってなる。とりあえず世界は救ってないしまとまってる感もほぼない。
わたしがロボ音痴なせいもあるんだけど、ほんとに「ん? うんん? えぇっと……」ってとこが多かった。ロボしていたと思います。すごくロボしていたんじゃないかと思います。
今回、雑誌で読んだ分も含めて全部読み通したら、前よりはわかった感じしたし。

でもロボ音痴といっても正確に言えば巨大ロボ音痴というか、『イヴの時間』とかは大好きだし、アンドロイドは割とイケる系。緒方のロボットに対する見解というか、親心も、理解できる範疇。

山百合の『人はもっと欲深い』っていうのもなんかイイなって思いました。
チョコが助けに来るところのもかさんの気持ちとか、そういうのも。

あと、三話の記事
『アイで空が落ちてくる』の後日譚であり『トカゲの王』の前日譚である、という立ち位置の気配が濃厚ですね
とかほざいてましたが違いますねどっちもの後日譚ですねどう見ても。訂正忘れてました。
すごく頑丈な人ってトンボたんだろうし。

ただ色々投げっぱなしすぎるんじゃボケーーーーーーーーー!!(こえのしゅつえん:なつめりん)

関係ないから省きました。とかそういうことについてわたしは理解ある方、のはずなんだけど、気になって集中できないくらいごそっと情報が抜けてるのは、ここ伏せてますよーって感じで抜かせてるのは、そのまま一冊が終わってしまうのは、正直、ないわー……。


・あとがき

ロボしていたと思います。バナナアレルギーって、どうしたんだろ? 新しくアレルギーになるのってつらいよなぁと思うので何らかの比喩であったらいいのにって思います。時計くんも好んで食べていた気がするし、ただでさえ偏食なのに……とちょっと心配。


雑誌掲載分の感想↓
おともだちロボ チョコ 第一話 + クラゲ島の永遠 発動編 感想(手短)
安達としまむら3 + 電マガVol.39のおともだちロボ チョコ 第二話 走り書き感想
まとめて感想(最高圧縮率) チョコ3話、電撃PS文庫(トカゲ)、なんか小さくなった人たちの話
おともだちロボ チョコ 第三話、後編 軽め?感想(電撃文庫MAGAZINE Vol.41)

こうして見ると個別に言い訳しているわたしがバカなんじゃないかっていうか実際鳥頭なんだなって思うことになるしかない感じに多忙や精神的に死んでるのが慢性的になっているな。


・入間の間掲載、
 おともだちロボ チョコⅡ 『チョコ、西へ行く①』

チョコはどんどん可愛くなっている気がする。
そして明かされるしょうもない謎×2

「……あ、はい」

でしかないんですけど、うんと、まあ、みんな勝手やってるってことだね多分。知らんけど。そして必殺技。

シビアな世界は、伝わるんだけど、だけど、なぁ……。


わたしはどう受け取ったらいいのかな。

拍手[0回]

ロボチョコの単行本を、つい昨日くらいやっと読み終わった。

で、今さっきやっとこさはっきりと、ロボチョコ読み終わってからまとめて感想を文字にしようと思っていたことを思い出した。

ので、いもーとらいふの感想が今更である。
0~15歳のときの感想はこちら

私生活が忙しいというか、お歌を歌う仕事を始めたんですがわたしの感情の形態に一切そぐわない歌を、それでも仕事なのだから一定以上の水準で、ショーがない日と休日以外の日に三度、歌い続けなくてはいけないので、精神状態が思わしくない。思ったより。
慣れれば大丈夫なのだと思う。新しい環境に戸惑っているせいも大きいから。でもなんだ、歌ってる歌、洋楽で、同じステージに立つダンサーも聴いてるはずの観客もわたしが何を言ってるのかを知らないんだ。寂しくて死にそうだ。
『思いっきりやっちゃって!(ダンサーに向けた歌詞)』も『みなさんもご一緒に!(観客に向けた歌詞)』も、どれだけ感情を込めたところで言葉が伝わらないから届かないんだ。

あと、この電マガの発売日(四国の、一日遅れの)の朝に色々限界が来ておにいちゃん(彼氏)を振った。

でもよく考えたら多忙とか精神アレとか割と慢性化しているから書く意味ないかも。


というのはともかく続きから感想である。デュワッ!!

拍手[0回]

おっそくなりましたー!!

ごめんねごめんね、感想検索してブログ来てくれた人たちみんなごめんね遅くなってごめんね!


しかしいつもの「遅くなったよー」と違って熱量的なものの不足のせいではない

むしろ神ゴミめちゃ好み。好き! それに単純な楽しさもあった。

じゃあなんで遅くなったん? っていうと先に二次創作(ゲスいやつ)してました! けへ!
ちなみに感想書いたあとはまた二次創作(こっちは純粋に、オススメ心を込めたCM風動画)しますー。

あとはね客室清掃のお仕事が割とキツかったりとかねー、シンガーとして雇ってもらえるかもしれないおみせやさんに「これ歌えるか練習してみて」って言われたのがラップみたいな早口を含む洋楽で覚えるの四苦八苦だったりとかねー、今日なんか風邪で寝込んでたりねー、いそがしい。

あと2012年11月時点で先輩のおかーさまがわたしのことご存知だったという情報を最近入手したのでそのこと思い出しては赤面するのも忙しいかな!
光栄ですけどホワイですし謎いですし、最近KOIかなってくらい先輩のおかーさまのことを考えている。百合かな?


読了時に読メに書いた感想はこちら。
ほんとに、色々、気持ち、理解されてるって錯覚したくなる文章だわ、相変わらず! どこかに確実にいる人間を記号に帰さず書くから、自分のようで隣人のようで、どうしようもなくなる。大嫌いよ入間人間! キスでもしてやりたいくらいには憎たらしい!!!(ぷんすか!) それはそーとさんしろーイメチェンしたのね。あと木鳥ちゃんほんと普通の女子中学生で可愛い(ママンこわーい)し西園は黙っててほしいし柳生は自重した方がいいし喜助と桃の関係結構好きです。(桃はわたしと顔面のアンバランスとかが似ているので親近感もわいてる)
普段はもうちょっと読メにはまともな感想書いてるつもりなんだけど平静を保てない。この人の文章はいつもわたしをわたしに戻す。わたしは増えるワカメか! 貴様は水かコノヤロウ!!

水なんだろうなぁ。ないと死ぬしわたし。
ちなみにさんしろーに対するイメチェン疑惑は、なんか表紙絵見て見た目の雰囲気変わった気がしただけです。まあ夏だしな。


では続きからネタバレありで!
メイン作業BGMはシニカルブルーは眠らないでお送りします(あと前半ちょっとノッツさんとか)。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
案内


途中までサイトの1コーナー扱いでしたが途中でブログ独立宣言。2011年1月9日、カウンターつけてみました。


いやなおんな(index)関係の更新履歴でもあるが、感想とかのブログでもある(たぶん)し他にも気が向けば書く。二次創作なカプ厨。

実情ほぼ入間人間のファンブログみたいな感じでしたが、とある事情により離れていく予定。(過去作品は別腹かもしれない)

分家(閉鎖):手紙の墓場この記事参照


くりえいたーさんや実在しない人に、『自分だけしっくり来ればいい』精神であだ名をつけることが多い。直接関わらないと逆に気安い呼び方の方が距離が遠く感じるような、作品越しとかだと近しく感じるような、そんな感じ。
しかしわかりづらいあだ名が多い(ひどい)。

ブログ内検索
フリーエリア

誤字脱字はしれっとしてたい。


Twitterには色々書くがブログには腰が重いです。

最新コメント
[10/16 Shaaniyaa a]
[09/23 Frankhew]
[09/21 スーパーコピー ウブロ 代引き 無線電波]
プロフィール
HN:
Jane Na Doe(片手羽)
HP:
性別:
女性
自己紹介:
片手羽の下の名前はいえなです。Twitterまとめ記事等ではしょっちゅう出ていましたが、
こちらやサイトで補足するのを忘れていました(~2011年9月19日迄)。
アーカイブ
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]