いやなおんな ブログ サボテンの話。 忍者ブログ
ブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 かつてわたしは、香介と名づけたサボテンと、亮子と名づけたサボテンと、理緒と名づけたサボテンを持っていた。

 理緒は強く爆発的に広がりすぎて管理出来なかったのと鉢が軽いままだったのとで、結局すぐに枯らした。花の代わりにミニチュアの新しい株を付ける品種で、ぼたぼたと大雪のように株を落としてはわたしと母を困らせた。

 香介は丸く、亮子は細かった。香介は紫に近いショッキングピンクの小さな花を咲かせ、亮子は黄色い大きな花を咲かせる品種だった。
 両者、花冠のようにつぼみを持ち、香介は調子がよければ冠のように多く花を咲かせ、亮子は花飾りでも刺したように少ない花を咲かせた。

 確か、理緒は最後に来た子だったと思う。
 香介が最初で、彼しか居なかった頃は名前をつけていなかった。
 ホワイトデーに亮子を貰ってしばらくして植物に名前をつけたんだったと思う。

 ユートニウム博士、ブルーバード……元ネタがあるものないもの、それぞれあった。香介と亮子と理緒は前者で、当時好きだった漫画の登場人物だった。

 トリオとして扱われることも多い三人であり、香介と亮子は組み合わせにそこそこ人気もある、漫画自体の展開でも両想いのカップルだった。

 異変は、いつの間にか起こっていた。

 当たり前のような景色に違和感があった。
 白無垢の意味を思い出す。

 亮子が花冠を被っていた。紫に近いショッキングピンクの小さな花だ。
 香介も隣で同じ花を咲かせている。

 わたしはカップルの名前をつけたから仲良くなったのかしらとはしゃいでみせた。
 反面、何も考えずに、生き物にあらかじめ別の場所で関係性がさだめられている名前をつけてしまったことが、とても怖くなった。

 彼らは今、わたしの手元にはない。

 あの現象は植物の間では当たり前に起こることなのか、わたしが亮子の最初の花を覚え違えていたのか、それとも……。

 今のわたしに、それを知るすべはない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560
案内


途中までサイトの1コーナー扱いでしたが途中でブログ独立宣言。2011年1月9日、カウンターつけてみました。


いやなおんな(index)関係の更新履歴でもあるが、感想とかのブログでもある(たぶん)し他にも気が向けば書く。二次創作なカプ厨。

実情ほぼ入間人間のファンブログみたいな感じでしたが、とある事情により離れていく予定。(過去作品は別腹かもしれない)

分家(閉鎖):手紙の墓場この記事参照


くりえいたーさんや実在しない人に、『自分だけしっくり来ればいい』精神であだ名をつけることが多い。直接関わらないと逆に気安い呼び方の方が距離が遠く感じるような、作品越しとかだと近しく感じるような、そんな感じ。
しかしわかりづらいあだ名が多い(ひどい)。

ブログ内検索
フリーエリア

誤字脱字はしれっとしてたい。


Twitterには色々書くがブログには腰が重いです。

最新コメント
[06/20 CharlesImalf]
[06/17 スーパーコピー財布]
[06/17 スーパーコピールイヴィトン財布]
プロフィール
HN:
Jane Na Doe(片手羽)
HP:
性別:
女性
自己紹介:
片手羽の下の名前はいえなです。Twitterまとめ記事等ではしょっちゅう出ていましたが、
こちらやサイトで補足するのを忘れていました(~2011年9月19日迄)。
アーカイブ
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]